現在の印鑑は100円のお店でも買えます。

現在の印鑑は100円のお店でも買えます。
簡易なものでもよければ、安い印鑑でも使えると自分はそう思っています。
しかしながら、残念なことに既成品にはない名字のようで、よくある安価な店では販売されていません。

 

そんな問題だけでなく、近所の印鑑屋さんにもなかったので、頼んで作ってもらうしか購入できないのです。

 

現代は、印鑑通販を利用し手に入れやすくなりました。

 

結婚の話が決まった頃、名が彫られた印鑑を贈り物としてくれました。

 

象牙という素材でできたもので、きっと高級なのではないかと思います。銀行印として使用していますが、使うたびに亡くなった母のことを思い出します。子を持つ親となってから、名前は親からの最初の贈り物なんだなあという考えを持つようになり、ますますその印鑑をいとおしく感じるようになりました。

 

娘が大きくなったら、私も心のこもった印鑑を手渡すつもりです。子供の就職が決まった祝に実印を贈ることにしました。

 

はじめにネット検索で実印値段や材質について等を調べてみました。印鑑には何箇所か選択するポイントがありました。

選択肢の材質には、高価な象牙やチタンなど、文字には、よく見る篆書体をはじめ、色々ありました。

材質の違いや書体はどれが良いかを調べて納得のいく実印を購入できました。
わりと近くにあるハンコ屋さんで印鑑を購入していたのですが、少し前から簡単に買うことが出来るのでネットを利用して印鑑を注文するようになりました。

インターネットでは迷うほどの印鑑が並んでいるので印鑑屋さんに行って検討するよりも自分が欲しいと思える印鑑を探すことが出来るのです。もちろん注文通りに苗字や名前を入れてくれるのでネットでも安心して印鑑を手に入れることができます。印鑑屋さんに行く手間もかからないですし、印鑑はネットで購入するようになりました。

結婚して、銀行やパスポートの名義変更に行こうと思った時に印鑑を作ることにしました。

どんな印鑑でも使えるのだから、作りなおさなくてもいいなんて言っていた友達もいたけど、旧姓の印鑑をこのまま使っていくのはやっぱり違うのではと感じての事です。

 

近所でもよくあるくらいメジャーな苗字になってしまったので、既成品でたくさんある同じような印鑑に少し悩みました。

 

悩みましたが、大型店舗でも作れる可愛い柄物の印鑑に名前を彫ってもらいました。簡単に作れるけど、ちょっとした満足感があるし気に入っています。父親になりました。この機会に、一生使える実印を作ってあげようと色々見ています。

ずっと使って欲しいので、かけたり、割れたりしない丈夫さがあってで風格があるもの。でも、印鑑って高いものなんですよね。でもずっと使うのだから、頑張って良いと思うものを買ってあげたい。

 

その実印が仕上がれば、初めての銀行の通帳を作ってあげて少しづつでもいいので貯金して行って、成人を迎えるときに渡してやりたいのです。そうすると、象牙がいいのでしょうか実印の大きさは、苗字と名前が入るから大きい。

 

良いものは、ほんとに値段がしますね。

 

実印を作ろうとネットで注文しようとした時に、合わせて銀行印も注文すれば割安になる商品がありました。
今までの銀行印は家にあったもので簡易なハンコを使っていて、頭のどこかで気になっていたので、このタイミングで作ることにしました。せっかくオーダーするので、既製品のようなタテ彫りにはしないで、ヨコ彫りにしてみました。
それから、銀行印らしい吉相体を選びました。アタリの有り無しは、なしにしました。
大きさは、12mmの大きめを選びました。我が子の中学卒業記念に印鑑を作ることにしました。ネットで作成してもらったのですが、水牛の素材が使われていて、印鑑は高いイメージがあったのですが、その高級感があるのにもかかわらず価格は手頃で、注文して後悔がありません。
届いてすぐ、子供名義の口座を開設して、バイトして稼いだお金はそこに入れておくようにしました。

大事な印鑑はしまう場所を決めて紛失しないよう心がけてくれるでしょう。

 

実印を見ていたら印材が色々使っているものが存在していますが、昔から高級品といわれているのが象牙で作られたものです。
押した感じ、割れたり欠けたりしない、重厚感は他と比較にならないほど良いといわれています。人気が出てきているチタン製のものは、見た感じもよく、ある程度の熱も大丈夫だと言われています。

象牙とチタンは同じぐらいの価格相場です。

若い時に、自分で実印をつくってもらったと言う人は少ないと思います。
どのタイミングで作るのかは人それぞれですし、使っていなかったどこにでもあるような印鑑を間に合せで実印登録する方も以外に多いと思います。
実印の値段も色々ですが、材質で変わったり彫り方でも変わってきます。

手彫りしてもらったら、下は1万円くらいから、10万円以上のものもあるんです。
銀行印とセットすると数万円という程度が標準的な値段だと言えます。

実印の価格相場っていくらくらいなの?